> 腰痛のメカニズム

腰痛のメカニズム

私は腰痛になって、はじめて腰が大切・重要であるということに気づきました。
日常生活の中で何気なく感じる腰の違和感・・・。少しかがむだけでも、思わず腰を回してストレッチのポーズ。寝返りのたびに痛くなり、1日の中で幾度も、腰を意識するようになると、それだけで疲れてしまいます。
考えてみれば、腰は身体の中心。立っているときも、座っている時も、はたまた身体を動かしている時も常に姿勢を保つ、重要で大切な身体の要(かなめ)となる箇所でした。
この際、腰痛を真剣に考え、本気で向き合い、改善していこうと決めたのでした。

腰痛のメカニズム

腰痛のメカニズム背骨は、「椎骨」という24個の骨が積み木のように積み重なり、その骨と骨の間でクッションの役割をする「椎間板」から成り立ち、さらに背骨の中央に、縦に長い「脊柱管」があり、脊髄神経が通っています。
また、「椎間関節」がそれぞれの節にあり、腰をかがめる・伸ばすなどの動きが可能になるそうです。 この「椎間板」が飛び出した状態が「ヘルニア」とよばれる急性腰痛で、「ぎっくり腰」も急性腰痛のひとつです。急性腰痛は、一過性のものが多く、整形外科的な処置だけで完治することも多いようです。
急性腰痛に比べて、慢性腰痛は、原因が多種多様で、さまざまな原因が複合することも多く、根本的な原因が分からずに、結果的に長期に渡り繰り返し痛みが出る状態が続いてしまうようです。

慢性腰痛の原因

.筋肉の緊張・過度な運動による腰痛

長い時間座っていたり、立ちっぱなしや中腰など、長時間同じ姿勢を続けると、腰の筋肉が緊張し、時間とともに筋肉が緊張・疲労することによって、血行が悪くなり腰痛になることがあります。
また、過度の運動で筋肉が疲労し、徐々に緊張が強まって腰痛になることがあります。
腰に一時的に極度の力が加わる動作を行うと、ぎっくり腰などの急性腰痛になることもあります。

.運動不足のために筋肉の退化・筋力の低下による腰痛

腰の周りの筋肉が衰えると、腰椎に負担がかかり、腰痛になることがあります。
腹筋は横隔膜とともに背骨を支える働きがあり、この腹筋の筋力が低下すると、正しい姿勢を保ちにくくなり、腰椎に負担がかかります。
また、骨盤の筋肉も正しい姿勢を保つのに大きく関与してるので、これらの筋力の低下によって、腰痛になることがあります。

.加齢による腰痛

年齢を重ねるとともに椎間板の水分が減少・薄くなることで、関節が不安定になり、それを補うための変形により、腰痛になることがあります。
起床時に痛みが強く、しばらく動かしていると、痛みがやわらぐことが多いようです。

.内臓疾患による腰痛

泌尿器系(腎臓・膀胱)や、生殖器系(精巣・卵巣・子宮)などの疾患が原因で、腰の上部や骨盤上に痛みが出ることがあります。

.姿勢による腰痛

肉体労働でも、デスクワークでも、身体に良くない姿勢を取り続けると、腰を支える筋肉の力が弱まってしまうことがあります。
このような状態が毎日繰り返されると、関節が不安定になり、腰痛になることがあります。

.ストレスによる腰痛

対人関係などによる精神的・心理的ストレスが溜まると、自律神経が乱れやすくなります。
自律神経は体のバランスを調整する神経で、活発な動きをする時に活動する交感神経と、リラックスしている時に活動する副交感神経で構成されています。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、血行が悪くなり、慢性的な腰痛になることがあります。
また腰痛の心配・不安自体がストレスとなってしまい、さらに腰痛が悪化することもあります。

腰痛の原因はこれだけではありません。早めに医師・治療院・民間療法院などに相談してみましょう。
全国の、あんま・マッサージ・指圧・はり・きゅう・柔道整復など腰痛治療院、カイロプラクティック・整体・気功・アロマテラピーなど腰痛民間療法院を検索できます。
[PR]