> 腰痛を予防する

腰痛を予防する

なんとか対処療法で腰痛の症状は改善したけれど・・・。
もうあんな、つらく、苦しい思いはこりごりだ。二度と腰痛が再発しないように、腰痛を予防しようと決めたのでした。

起きる・座る・持ち上げる動作

朝、布団から出る時など、仰向けに寝ている状態から急に起きあがると、腰に不用意に力が入り、腰椎を痛めてしまうことがあるようです。
まず、仰向けの状態から横向きになり、腕で体を支えながらゆっくりと起き上がるといいようです。

仕事などで長時間椅子に座る時は、椅子に深く腰掛け、背骨を伸ばし、膝・足首の角度が床に対して90度になるように高さを調節するなど、姿勢に気を配り、椅子と腰のあいだに、丸めたタオルなどを入れて、腰に負担がかからないように工夫しましょう。
また、同じ姿勢を長時間続けると、腰に負担がかかり、腰痛を招いてしまいます。最低1時間に1回程度、姿勢を変えたり、軽い運動を行うようにしましょう。

何かを持ち上げるときは、中腰で力を入れたり、腕の力だけで持ち上げようとすると、背筋に過大な負荷がかかります。しゃがみ込むように腰を落とし、ゆっくり持ち上げるよう心がけましょう。

腹式呼吸で鍛える腹横筋

姿勢を正し、鼻から深く息を吸い込み、少し息を止めた後、お腹に力を入れてゆっくりと口から息をはき出します。
これを数回繰り返すことで、腹式呼吸で腹横筋を鍛え、腹圧を高めて背骨の安定を図り、腰痛を予防します。

ダイエットで腰痛予防

肥満などで体重が増えてくると、その体重で腰に負担がかかり、腰痛になってしまうこともあります。腰の負担を軽減するため、ダイエットで標準体型を維持することは腰痛予防に効果的です。
しかし、過度なダイエットや、食べないダイエットは、筋肉が落ちてしまったり、筋力が弱くなったり、逆効果になってしまいます。
適度の運動と、バランスのとれた食事で、筋肉を鍛えながらのダイエットが理想的な腰痛予防ダイエットです。
医師・治療院・民間療法院などで、腰痛の予防方法を相談してみましょう。
全国の、あんま・マッサージ・指圧・はり・きゅう・柔道整復など腰痛治療院、カイロプラクティック・整体・気功・アロマテラピーなど腰痛民間療法院を検索できます。
[PR]